アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

結婚式の招待状は従来から、結婚する2人からお世話になった人へ郵便物として配達されることが多かったです。
近年もそのような傾向が多く、郵便を介してそれらが届けられることが多いです。
しかし、従来は結婚式場が前日までの準備から当日に関わるものまでを全て準備・手配してくれることがほとんどでした。
そのため挙式にかかる費用には、当日までの費用、当日の費用などすべてを含めたものでした。
その中には、印刷代、紙代、郵便物代も含まれていました。
現在では、結婚にかける費用をより低価格に抑えようとする流れもあり、招待状の作成を専門としている専門店に依頼したり、自ら招待状を作成するということも多いです。
1からデザインして作成していくのは大変なので、作成キットなども販売されています。
専門店の料金を比較して最適な店舗を選んだり、自ら印刷したりすることで、結婚式にかかる費用を抑えることができ、またよりオリジナリティのある招待状を作成することができます。

取扱いの専門

結婚の招待状を取り扱う専門店は、第1に式場に含まれているものがあります。
そこでは、さまざまなデザインから自分たちの好みのデザインを選ぶことができます。
また、招待したい人を選ぶことができ、自分たちで招待客の住所などを印刷することも可能です。
第2に、デザイン会社というものです。
そこではデザインを専門に学習してきたデザイナーの人が勤務されています。
そこで結婚する2人が希望するようなイメージをデザインとして招待する紙面に表してくれます。
第3に、自ら作成するキットを扱う専門店です。
そこでは、はがき、封筒などを扱い、そこへ自らのデザインを印刷したりするキットを販売しています。
また、あらかじめデザインがほどこされたはがき、封筒などを購入し、そこへ招待客の住所を印刷するといったものです。

サービスについて

専門店の商品には、やはりデザイナーが結婚に関わりデザインしたものがあり、大変多くの種類から選ぶことができます。
モダン、ポップ、カジュアルなどのイメージに沿って様々なデザインがあります。
またデザイナーの顔を見てそこから、デザイナーの作品を選ぶことができます。
店頭で申し込みをする際にも、インターネットで申し込みをする際にも、デザイナーの名前や顔が分かっていることがほとんどで、安心して選ぶことができます。
また、サービスとしては、早期に申し込みをすると割引があるといったこともあります。
また、招待の紙面だけでなく、式場でのメニュー表、座席表、ウェルカムボードなどの申し込みをするとさらに料金の割引があったりします。

オススメリンク

昔の招待状

そもそも、結婚とは家同士の結びつきと考えていた日本では、昔は…Read more

パターンと金額

結婚式の招待状を出す段階になると、招待客リストから文章の決定…Read more

関連リンク